感謝の木

今日は朝からとてもスッキリ。

10時間睡眠のお陰で、疲れも取れた。

朝のランニング、掃除、洗濯とサクサクと家事仕事もはかどり、そのまま遅い朝ご飯のための買い出しに出かけました。

帰りがけにふと目に止まった観葉植物の「幸福の木」。

前に買って、枯らしてしまったしまった経験あり。

やっぱり、買うのは止めよう、と思った時、奥の方にちょっと元気がない、小振りの観葉植物がありました。

長い間、買う人がいなかったのか、葉の部分に埃がかかり、葉先は切れていました。

名前もわからないし、気になって、手に取り、鉢に刺さっている説明書を読むと、

「感謝の木 オーガスタ」  そして、こんな言葉が書いてありました。


「植物に ありがとう と声をかけてみよう。愛・感謝に関する言葉をかけたり文字にして貼付してあげると、植物体内の水やかけた水が活性化して植物がイキイキ!!」

素敵な説明書です。

ちょっぴり古びた「感謝の木」を見ていると、ヨガ教室の最後に参加者の皆さんと唱える「感謝の瞑想」の場面が頭に浮かんできました。

心を込めて一心に唱える「感謝の言葉のマントラ」は、ヨガのクラスの最後に必ず行います。

気ぜわしい現代社会の中であっても、今こうして生きていることへの感謝の気持ちは忘れずに過ごしていきたいですね。

「感謝の木」今私のお家の日当りの良い所が住処となりました。

説明書通り、埃をかぶった葉は「ありがとう」と唱えながら拭きましたよ。


画像

この記事へのトラックバック